低温殺菌または殺菌ボックス充填機等で機械袋を充填例えばミルク、ジュース、缶詰食品、ボックス内のバッグのような食品及び飲料中の微生物(主として細菌)、殺すプロセスです。

それは、19世紀の間にフランスの科学者ルイ・パスツールによって発明されました。 1864年にパスツールは、加熱ビールやワインは酸味回しからこれらの飲料を防止し、腐敗の原因となった細菌のほとんどを殺すのに十分であることを発見しました。 プロセスは、病原微生物を排除し、飲料の品質を延長する微生物の数字を下げることによって、これを達成します。 今日では、低温殺菌は食品保存および食品の安全性を達成するための酪農業界や他の食品加工産業で広く使用されています。

殺菌とは異なり、低温殺菌は食品中のすべての微生物を殺すために意図されていません。 代わりに、それは(低温殺菌製品が示されているように格納され、その有効期限前に消費されたと仮定した場合)彼らは病気を引き起こす可能性は低いので、生きた病原体の数を削減することを目指しています。 それは悪の製品の味と品質に影響を与えるため、食品の商業規模の滅菌は一般的ではありません。 そのような乳製品、果肉などの特定の食品は、病原性微生物が破壊されることを保証するために、超加熱することができます。


ポスト時間:4月 - 25から2019